太陽光発電比較見積り一括請求

- エコが付いた商品

更新情報

エコが付いた商品

最近、エコカー、エコ住宅などエコが付いた商品が多く販売されています。
それだけこのエコが注目されているのではないかと思います。
また最近の地球の環境問題も関係しているのではないかと思っています。

そんな中、このエコ住宅ですが、なんとエコ住宅を検討したいという人が99%もいるというのには驚かされます。
そして、どのようなエコ住宅がいいのかというと、なんと太陽光発電が一番人気だったそうです。
それだけこの太陽光発電システムというのは今話題の商品なのかもしれませんね。

さてこの太陽光発電システムですが、ご存じのとおり、屋根に設置した太陽光パネルによって、太陽エネルギーを吸収してその力で電気を作ってくれますが、この時その電気をそのまま使用することはできません。
なぜかというと、この電気は実はまだ家庭用で使用できる交流電気にはなっていないからなんです。

そこで、登場するのが、パーワーコンディショナーという機器です。
このパワーコンディショナーによって、太陽光発電システムで作られた電気を家庭用の100Vの交流電気へと変換してくれるのです。
これで私たちが毎日使える電気になっていくというわけです。

このように。太陽光発電システムはさまざまな機器から成り立っていることが分かります。
そして、それぞれがとても重要な役割を担っているんです。
それによって、毎日私たちが使用する電気を作り出してくれます。
まさにエコそのものなんです。それゆえこのシステム付いた住宅が人気がある訳が納得できますね。

二酸化炭素ペイバックタイムとは?

二酸化炭素ペイバックタイム(CO2 Payback Time, CO2PT)とは、エネルギー・ペイバックタイムの指標基準の二酸化炭素バージョンです。
太陽光発電システムなどの発電装置の製造時に排出される二酸化炭素(その他の温室効果ガスについては二酸化炭素へ換算のこと)が、その発電装置からエネルギーを創り出す際に排出される少ない二酸化炭素削減分で、どのくらいの時間で回収できるかを表す値です。

つまり、二酸化炭素ペイバックタイムが短い発電装置ほど、短期間で二酸化炭素排出量を相殺できる事を意味するため、二酸化炭素排出の削減につながる地球に優しい装置だと言えます。

太陽光発電見積りは、製造時には石油や石炭などの化石燃料が使われ二酸化炭素が排出されますが、二酸化炭素を排出するのはこの製造時が主で、装置として発電する時の二酸化炭素排出量は限りなくゼロに近いため、二酸化炭素ペイバックタイムを過ぎれば、実質的に温室効果ガスの削減に貢献していることになります。
産業技術総合研究所の調べによると、一般的な多結晶シリコン型太陽光発電システムの二酸化炭素ペイバックタイムは約2.7年となっています。

つまり、2.7年以上多結晶シリコン型太陽光発電システムを使うなら、製造時に排出された二酸化炭素の量を回収できることになります。
太陽光発電システムは20年以上は使用するものなので、大いに二酸化炭素排出削減に貢献していることがわかります。
将来的には、二酸化炭素ペイバックタイムは1年以内にできると言われています。

トップ | イオンの太陽光発電・オール電化
トップ | イオンの太陽光発電・オール電化

産業用太陽光発電をご検討の方は「全量買い取り.COM」

産業用太陽光発電をご検討の方は「全量買い取り.COM」

太陽光発電ならカナディアン・ソーラー

太陽光発電ならカナディアン・ソーラー

太陽光発電

太陽光発電|失敗しないための総合サイト‐省エネドットコム